規格水槽と呼ばれる水槽の大きさとその水量

海水魚飼育のコツや通販のご案内−OH!Fish水族館http://siiku.oh-fish.com/

OH!Fish水族館>規格水槽の大きさと水量

規格水槽と呼ばれる水槽の大きさとその水量のご紹介です。

規格水槽の大きさと水量

OH!Fish水族館

はじめに

通信販売について
通販で買って良いもの悪いもの
人気書籍
おすすめの通信販売

サイトマップ

海水魚飼育を始めよう!
予備知識
濾過について
設置場所の検討
器具をそろえる
水槽の設置
お魚の選び方
最初で最大の試練

海水魚飼育を楽しもう!
日頃の管理
餌について
お魚の組合せ
ステップアップ

海の仲間達

病気について
予防方法
白点病
その他の病気

全国の水族館

用語集

リンク集
海水魚専門店

リンクについて

水槽には色々な大きさのものが有りますが、メーカーが量産しているサイズのガラス水槽があり、安価で求められます。

45cm規格水槽

サイズ(約)幅45×奥行30×高さ30cm
水量(約)40.5L

60cm規格水槽

サイズ(約)幅60×奥行30×高さ36cm
水量(約)65L

90cm規格水槽

サイズ(約)幅90×奥行45×高さ45cm
水量(約)182L

120cm規格水槽

サイズ(約)幅120×奥行45×高さ45cm
水量(約)243L
各サイズの水量の実際は、ガラスの内面で計算することと、水を水槽の上枠いっぱいまでは入れないことから、これよりも若干少なくなります。

水槽台もこれらのサイズに合わせて量産されていることから、初心者が始めに買い求めるには最適と言えます。

欠点もあります。
水槽の奥行きは横幅に近いほど(平面形が正方形に近いほど)レイアウト的にも魚の泳ぐ環境にも良いのですが、規格水槽の場合は奥行きが少なすぎる点です。

とは言っても、規格以外の水槽の価格は数倍以上もすることも多く、安く購入できることは大きな魅力です。
最初は規格水槽でスタートして、浮いた予算を濾過その他の設備にまわし、飼育にも慣れた頃にデザインが良い水槽や奥行き、高さが大きな水槽にステップアップしても遅くないと思います。

その際は、最初に購入した水槽を予備水槽にしたり、海水作り用の水槽とする、改造して濾過槽にするなどで利用できます。


<楽天市場の最新売れ筋ランキングはこちらからご覧ください>

海水用品   水槽   照明   フィルター   用品・器具   エサ
海水魚飼育のコツや通販のご案内
OH!Life
カクレクマノミの飼育 金魚の飼育 釣り情報と通販のご案内 OH!Fish釣り情報館 じゃがいも
野菜栽培方法と通販のご案内−OH!Life家庭菜園 プランターでの小松菜栽培 プランターでのいちご栽培
花粉症対策 耐震グッズ 健康ダイエット
Copyright(C)2004-2017 Kazupapa All Rights Reserved